セリーグ打撃部門、タイトル争いが激化!ヤクルト山田にDeNA筒香!三冠王への熱き戦い!!

おはようございます。

8月に入り、セントラルリーグのタイトル争いうが激化してきました。

一時はヤクルトの山田哲人が三冠王へ独走態勢でしたが、

セリーグタイトル争いは均衡状態です。

mig.jpg

打率部門は一時トップ山田と2位との差が2分ぐらいありました。

しかし昨日、巨人坂本が山田を抜き去りました。

坂本は6戦連続のマルチヒット中で打率が急上昇。

打率.336としヤクルト山田を抜きました。

山田は打率.334と1試合でトップに入れ替わるほどの

均衡した争いとなっています。

またDeNAの筒香。

こちらも高打率で.331とトップを狙える位置にいます。


本塁打部門は完全なる2強体制です。

1位が33本でDeNAの筒香。

2位が31本でヤクルトの山田となっています。

こちらも一時は山田が独走態勢に入っていましたが

7月に筒香が猛チャージ。

月間16本の本塁打を放ち

一気にトップであった山田に追いつきました。

現在は2本差とこちらもすぐに入れ替わる差となっています。


打点部門も均衡状態です。

3選手が争いを見せています。

1位はヤクルトの山田が79打点でトップ。

2位がDeNAの筒香で76打点。

同2位として広島の新井で76打点。

この3選手が3打点差の中で戦いを見せています。

3打点は満塁ホームランで一気に逆転できる数字。

本当に均衡した戦いです。


本当に今年のセリーグのタイトル争うは全くわかりません。

ヤクルト山田が総なめペースでしたが、

他の選手の猛チャージが凄い!

残り40試合程度とまだまだありますが、

ペナントの2/3が終わった状態では

打撃タイトルにおいては大接戦。

果たしてヤクルト山田が三冠王に輝くのか!

はたまた、DeNA筒香の三冠も手の届く位置にいます。

今後のセリーグのタイトル争いには大注目ですね!


人気ブログランキングへ
↑ ↑ ↑
野球ブログランキング挑戦中です。
応援クリックお願い致します<(_ _)>






この記事へのコメント