早実、清宮の春が始まる!初戦は延長の末の勝利!!2回戦進出へ

今年ドラフト注目株の清宮が春の選抜甲子園で1回戦を戦いました。






---------------------

早実・清宮「勝負してくれると思っていた」 明徳義塾を延長で下す

「選抜高校野球・1回戦、早実5-4明徳義塾」(24日、甲子園球場)

1回戦屈指の好カードは延長十回の激闘となり、早実(東京)の2年生・野田優人内野手の決勝打で明徳義塾(高知)を下した。

 注目のスラッガー・清宮幸太郎内野手(3年)は4打数1安打1四球。試合後「心臓に悪い試合でした」と苦笑いした。

 清宮は初回、1死一塁で迎えた第1打席で中前打を放ち、その後第2、第3、第4打席は凡退した。九回、3-4と1点差に迫った場面での第5打席は2死一、二塁の場面。カウント3ボール1ストライクから四球を選んだ。

2017032401001677.jpg

 明徳義塾のバッテリーが勝負してきたことについて清宮は「もちろん勝負してくれると思っていた。もっと打ちたかったけれど」と振り返った。九回の四球は「しっかり引っ張れる球をバットに当てていこうと。でもボール(とストライク)がはっきりしていたし、(4番に)野村もいるので」と、つなぐ意識でボールを見たという。

 早実は2-4の九回、無死一、三塁で内野ゴロの間に走者が生還し1点差とした。さらに2死一、二塁から3番・清宮、4番・野村大樹内野手(2年)が連続四球で押し出しで同点に追いついた。

 延長十回には2死三塁から野田がこの日4打点目となる中前適時打を放ち、決勝点を奪った。

デイリースポーツより引用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170324-00000065-dal-base

---------------------

早稲田実業、清宮選手の最後の1年が始まりましたね。

初戦は辛くも勝利し、2回戦進出を決めました。

清宮選手は4打数1安打1四球のまずまずの出だしとなりましたが、

この大会では何ホーマー放つのか注目ですね。



↑ ↑ ↑
歓送迎会が増えてくる季節の到来です。
「ぐるなび」では簡単にお店を
検索・予約出来ちゃいます!
しかもクーポンも豊富にご用意!
幹事様無料などなど♪
さらにお得情報!
ポイントを貯めて割引サービスを
受けちゃいましょう!
飲み会の予約は
「ぐるなび」に決まりですね^0^


【関連記事】

●【早稲田実業】清宮幸太郎が高校通算本塁打数歴代9位!史上最多の107本も射程圏内!
●かわいすぎる女子マネ、「梶浦郁乃」は元タレントだった!?
●【甲子園】女子マネ問題。女子がグランドに立つためには・・・

プロ野球を見に行こう!~現地のホテルや航空券の取り方、様々な情報を掲載!旅行サイトをまとめています!!~
↑ ↑ ↑
遠方からプロ野球観戦に行きたい方必見!!
格安ホテルから飛行機と旅行に便利なサイトです。

【野球観戦】持ち物、必需品紹介!便利アイテムをもって100倍楽しもう!!
↑ ↑ ↑
野球観戦に絶対に持って行くと便利なグッズ、あったら助かるグッズなど、
野球観戦を100倍楽しくなる便利アイテムを紹介しています!


人気ブログランキングへ
↑ ↑ ↑
野球ブログランキング挑戦中です。
応援クリックお願い致します<(_ _)>



この記事へのコメント